• spot 01
  • 原爆ドーム(旧広島県産業奨励館)

チェコの建築家ヤン・レツルの設計監督により広島県物産陳列館として建設されました。広島県立商品陳列所、広島県産業奨励館と改称。
特徴ある緑色のドームによって市民に親しまれました。原爆は、この建物の南東約160メートルの至近距離でさく裂したため、建物は大破・全焼して館内にいた全員が亡くなりました。戦後いつの頃からか原爆ドームと呼ばれるようになりました。
人類史上最初の原子爆弾による被爆の惨禍を伝える歴史の証人として、また、核兵器廃絶と恒久平和を求める誓いのシンボルとして、平成8年(1996年)12月、ユネスコの世界文化遺産に登録されました。

Information

原爆ドーム(旧広島県産業奨励館)

  • 住所
    広島県広島市中区大手町1丁目10
  • アクセス
    JR広島駅から路面電車「原爆ドーム前」下車すぐ
    専用の駐車場はありませんので、周辺の駐車場をご利用ください。
  • 料金
    無料
  • MAP
    [map]
    Google Map上の施設名をタップし、『Googleマップで見る』をタップするとアプリが起動します。

近くのスポット