慈仙寺墓石

被爆前:慈仙寺の墓石

現在平和記念公園がある場所は、戦時中は中島本町と呼ばれ、その一角には慈仙寺という浄土宗の大きなお寺がありました。
そのため、太田川が元安川と本川に分かれる先端部分は、「慈仙寺の鼻」と呼ばれていました。
寺の境内にあった、広島藩浅野家御年寄の岡本宮内の墓石は、1689年(元禄2年)に建立されました。


被爆:原爆による被害

慈仙寺は爆心地から約200mに位置し、原爆によって全ての建物は壊滅、住職ほか2名は清掃中に即死、浴室で洗濯中の住職の妻も翌日死亡し、結局全員が亡くなりました。
強烈な爆風で、境内にあったたくさんの墓石も吹き飛ばされ散乱しました。この墓石も、強烈な爆風により墓の笠に当たる相輪が飛び崩れました。


現在:被爆当時の地面


平和記念公園の建設の際に、爆風の威力を物語るこの墓石を残すことになり、周囲を石で囲んで盛り土して整備されました。
この墓石の場所は、被爆当時の地面をそのままとどめています。


復興:現在の慈仙寺

1946年(昭和21年)に住職の長男が復員し、慈仙寺の復旧作業が行われ、寺と平和記念公園に残る墓石以外は、中区江波二本松の現在地に移転しました。


近くのスポット