ラ・パンセ(瞑想の像)
  • spot 31
  • ラ・パンセ(瞑想の像)

平和大通りの緑地帯にたたずむ銅像「ラ・パンセ」は、日本を代表する彫刻家である柳原義達の作品で、被爆後わずか8年後の1953年(昭和28年)に、世界平和を祈念し製作され、広島では戦後初の野外彫刻として設置されました。
タイトルは「瞑想」で、目を閉じて静かに考えること、何かに心を集中させることをさします。


1957年頃のラ・パンセ(提供 広島市公文書館 明田弘司撮影)


現在のラ・パンセ

Information

ラ・パンセ(瞑想の像)

  • 住所
    広島市中区小町
  • アクセス
    広島駅から広島電鉄電車(路面電車)「袋町」電停下車。平和大通り沿い東へ約150メートル。広島クリスタルプラザ前。
  • MAP
    [map]
    Google Map上の施設名をタップし、『Googleマップで見る』をタップするとアプリが起動します。

関連タグ

近くのスポット