頼山陽文徳殿
  • spot 61
  • 頼山陽文徳殿

頼山陽文徳殿は、1931年(昭和6年)に頼山陽没後100年祭を機会に建設されました。
西洋風の重厚な外壁に、九輪をいただく和風屋根が特徴の建物です。戦局が悪化したため、市役所から戸籍の大部分をここに疎開させていました。
1.82キロメートルで被爆。爆風で戸籍簿は散乱しましたが、幸いにも焼失は免れました。
戦後は浅野図書館、社会教育施設などとして利用されていましたが、現在は閉館。屋根の上の九輪が変形したまま保存されています。


戦前の頼山陽文徳殿(提供 広島市公文書館)


頼山陽文徳殿内室(提供 広島市公文書館)


爆心地方向が、爆風により変形したままの九輪

Information

頼山陽文徳殿

  • 住所
    広島市南区比治山町7-1
  • 電話番号
    082-242-7831(広島市 市民局国際平和推進部平和推進課 )
  • アクセス
    広島駅から広島電鉄電車「比治山下」下車徒歩2分
  • MAP
    [map]
    Google Map上の施設名をタップし、『Googleマップで見る』をタップするとアプリが起動します。

関連タグ

近くのスポット