旧日本通運出汐倉庫
  • spot 66
  • 旧日本通運出汐倉庫1~4号棟 (広島陸軍被服支廠)

外観


建物内 3F



広島陸軍被服支廠 1 (YouTubeで見る)

※iOS(iPhone・iPod・iPadなど)で360度VR動画を見るためにはYouTubeアプリをダウンロードする必要があります。



広島陸軍被服支廠 4 (YouTubeで見る)

※iOS(iPhone・iPod・iPadなど)で360度VR動画を見るためにはYouTubeアプリをダウンロードする必要があります。

この建物は、被爆時には広島陸軍被服支廠(ししょう)でした。被服支廠は、軍服や軍帽など、兵隊が身に付ける小物や付属品等を生産、修理、保管、供給する施設で、大規模な製造・修理工場と保管・供給を行う倉庫群がありました。現存しているのは、1913年(大正2年)に竣工した鉄筋コンクリート造り・レンガ張りの倉庫4棟です。
爆心地から2.67キロメートルにあり、爆風により屋根に大きな損傷を受けたものの火災は免れました。被爆直後は臨時救護所となって多くの被爆者を受け入れましたが、次々とここで命つきていきました。
戦後は、一時、広島高等師範学校(現在の広島大学教育学部)などに利用されたほか、運送会社の倉庫や学生寮として利用されました。西側の3棟の鉄扉のいくつかは、被爆時の爆風で変形したままとなっています。



見学(建物の中には入れません。)は、事前の申込みが必要です。
見学を希望される方は、平日の8:30〜17:15までに広島県財産管理課(082-513-2305)にお問い合わせください。なお、案内等は行っておりません。

Information

旧日本通運出汐倉庫1~4号棟 (広島陸軍被服支廠)

  • 住所
    広島市南区出汐2-4-60
  • 電話番号
    082-513-2305
  • アクセス
    広島駅から広島電鉄電車「皆実町二丁目」下車徒歩8分
  • 料金
    無料
  • MAP
    [map]
    Google Map上の施設名をタップし、『Googleマップで見る』をタップするとアプリが起動します。

関連タグ

近くのスポット