猿猴橋
  • spot 57
  • 猿猴橋

戦前の様子 (提供 広島市公文書館)


水陸両棲の河童のような架空の生き物のことを、広島地方では「猿猴」と呼びます。
猿猴川に架かる猿猴橋は、藩政期より西国街道の道筋で重要な橋でした。1926年(大正15年)、広島県によって永久橋として架け替えられ、親柱上には地球儀の上に鷲がはばたく像、欄干には猿のレリーフを施すなど、当時もっとも華麗な橋でしたが、戦局が激しくなるにつれて、これらの装飾は供出され、変わりに石の欄干と親柱に置き換えられました。
1945年(昭和20年)8月6日、爆心地から1.82キロメートルで被爆。爆風や火災にも耐え、避難路の役割を果たしました。



Information

猿猴橋

  • 住所
    広島市南区猿猴橋町
  • アクセス
    広島駅南口から徒歩5分
  • MAP
    [map]
    Google Map上の施設名をタップし、『Googleマップで見る』をタップするとアプリが起動します。

関連タグ

近くのスポット