興南寮跡
  • spot 54
  • 興南寮跡

南方特別留学生とは、第二次世界大戦中に東南アジアなどから将来の指導者を育成するため招へいされた国費留学生のことで、広島文理科大学に在籍していた南方特別留学生の学生寮は、興南寮と呼ばれていました。
原爆投下により興南寮は消失し、当時、広島文理科大学に在学していた9人の南方特別留学生のうち、郊外の病院に入院していた1名を除き全員が被爆しました。

Information

興南寮跡

  • 住所
    広島市中区大手町4丁目8
  • メモ
  • MAP
    [map]
    Google Map上の施設名をタップし、『Googleマップで見る』をタップするとアプリが起動します。

近くのスポット