饒津神社 原爆手水鉢
  • spot 57
  • 饒津神社 原爆手水鉢

広島藩、浅野4代藩主綱長公が、初代・浅野長政公の位牌堂を建立したのがはじまりとされています。
同神社は、爆心地から1.8kmに位置し、昭和20年(1945年)、原爆の炸裂による強烈な爆風のため、本殿や唐門などの建物が一瞬にして破壊されました。その直後本殿から出火し、他の建物も次々と延焼していきました。爆風により、境内の樹木はふき倒され、参道の石灯籠も倒されました。
境内には、燃え盛る市内から大勢の人々が避難してきて、臨時の救護所が設けられました。
境内の手水鉢も一部が欠け落ち、多数のひび割れが入り、使えなくなっていましたが、2017年に修復されました。


饒津神社


饒津神社


原爆手水鉢


原爆手水鉢

Information

饒津神社 原爆手水鉢

  • 住所
    広島市東区二葉の里2丁目6-34
  • 電話番号
    082-261-4616
  • アクセス
    広島駅新幹線口から西に徒歩15分
  • MAP
    [map]
    Google Map上の施設名をタップし、『Googleマップで見る』をタップするとアプリが起動します。

関連タグ

近くのスポット