頼山陽史跡資料館
  • 頼山陽史跡資料館

江戸時代後期の日本を代表する文筆家頼山陽に関する資料や、芸備の近世文化に関するさまざまな資料を展示・公開、調査・研究を行っています。頼山陽の年表・エピゾードなどを紹介する常設展示に加えて、「現代刀」や「ひな人形」などを始めとする年間4回程度の特別展・企画展も開催しています。
広島藩を脱藩し連れ戻され、邸内の居室に幽閉された頼山陽がこの時に「日本外史」の草稿をまとめたと言われる当時の居室は、国の史跡に指定されていましたが、被爆により消失しました。現在の居室は1958年(昭和33年)に、広島県によって復元されたものです。


1936年(昭和11年)頃の正門 (提供 広島市公文書館)


1936年(昭和11年)頃の山陽記念館 (提供 広島市公文書館)


1945年末頃 (提供 広島平和記念資料館)


現在の頼山陽史跡資料館


現在の頼山陽史跡資料館

Information

頼山陽史跡資料館

  • 住所
    広島市中区袋町5-15
  • 電話番号
    082-298-5051
  • 営業時間
    9:30〜17:00(入館は16:30まで)
  • アクセス
    広島駅から広電電車(1号線)「袋町」下車すぐ
  • 料金
    料金:一般200円、大学生150円、65歳以上及び小中高生は無料
    団体(20名以上):一般160円 大学生120円
    ※特別展、企画展については別料金です。
  • 休日
    月曜日(ただし祝休日は開館)
    展示入替のための臨時休館あり
  • メモ
  • MAP
    [map]
    Google Map上の施設名をタップし、『Googleマップで見る』をタップするとアプリが起動します。

近くのスポット